Idea4U+

Idea4U+(アイデア・フォー・ユー・プラス)は、お客様の商品・サービスの「売れるためのお手伝い」を多角的に推進するための販促・マーケティング系コンテンツです。

Idea4U コンテンツ

マーケティング NEW2020年11月 4日

クーポン獲得もイベント化で楽しく 企業のクーポン発行事例

「クーポン」の在り方は、時代と共に進化し続けています。企業の遊び心を表現できれば好感度アップにも繋がり、それ自体がPRの役割を果たすこともできます。以前はクーポンと言えばただ価格を割引くだけのものでしたが、最近では、工夫を凝らした見た目で話題を呼ぶものや、デジタル化されたものも次々と登場しています。またその配布方法においても仕掛けを施すことが可能です。ただばら撒くだけではなく、「お客様参加型のイベント」で獲得してもらうことで、より「このクーポンを使うためにお店に行きたい」と思わせることができます。そんな新しいクーポンについての事例をいくつかご紹介します。


一風変わったスマホのクーポンアプリ

■競合店の近くから来ると激安に
 アメリカのハンバーガーチェーンA社が、通常4~5ドルのバーガーを1セントに値下げするという驚きのキャンペーンを行って話題となった。その条件は、競合店の大手チェーンB社の店の近所へ行くこと。A社のスマホアプリをインストールし、B社の店舗の半径600フィート(約183m)以内へ行くとそのスマホにバーガーが1セントになるクーポンが配信される。他の店の近くまで行ったのにわざわざ引き返してウチに来てくれたなら1セントにしますという太っ腹なサービスだった。

■揚げ物の音でクーポンGET
 中国の通販サイトが食用油のクーポンがもらえるスマホアプリを開発・公開した。クーポン発行の条件は揚げ物、炒め物をつくるときの音。アプリでその音を録音するとクーポンがもらえる。音がダイナミックであるほど、割引率は高くなる。油を使った料理ならばどんな音でもOK。自宅のみならず、料理店、屋台、テレビの料理番組の音声でも対象となる。しかも、このアプリはバックグラウンド状態でも起動するので、スマホを持って揚げ物店のそばを通るだけでクーポンが溜まる。公開後2時間で5,000件のクーポンが発行され、オンライン上で600万件の話題となり、大きな反響を得た。

話題になるクーポンと捨てられないチラシ

■本物と間違えそうなクーポン
 日本のハンバーガーチェーンが期間限定で「半熟月見つくねバーガー」を販売した。"売り"は具のトロ~リとした半熟タマゴ。これだけでも味わってもらおうと、半熟タマゴのトッピング引換券を別のハンバーガーを注文したお客さんに配布した。そのデザインは半熟目玉焼きの写真を切り抜いたもので、一瞬本物に見間違えるほどよくできたものだ。
 同社では、この券を使ったイタズラも提案した。財布から取り出して「あっやっべ、半熟タマゴ落とした」とか、「お前のPCの上に半熟タマゴ落とした」とLINEしようというもの。SNSでも話題になって、PRに役立った。

■捨てられない玄関マット・チラシ
 宅配ピザのチラシが各家庭に配布されることがあるが、多くは捨てられて宣伝効果は限定的だ。トルコのピザチェーンも同じ悩みを抱えていた。トルコでは、チラシは玄関先に置くだけなので、住人の目に触れる前に風で飛ばされることも多い。そこで、捨てられ、風に飛ばされないチラシを開発した。それは玄関マット。ピザの箱の形をしたマットで、注文用の電話番号が書かれている。これを各家庭の玄関のすぐ外に敷いてまわった。住人にとっては靴の裏を拭けて便利。帰宅するたびに目に留まるため、ピザチェーンは毎日PRできることになる。

インスタを使ったクーポンプレゼント

 Instagramのストーリーは、24時間限定でタイムラインとは別に投稿を載せられる他に、アンケート機能がある。この機能を利用してアメリカのハンバーガーチェーンが、ユーザーとコミュニケーションを取り、来店を促進させることに成功した。

 同社のハンバーガーは、独自のブロイラーでじっくり直火焼きした、ジューシーでスモーキーな100%ビーフパティが自慢だ。それに加えて、肉や野菜、ソースなどを自由に足したり減らしたりして自分好みのバーガーにカスタマイズできるサービスもアピールポイント。これをスペインでアピールするために同社はインスタグラムのストーリーを利用した。まず、ハンバーガーに使われている具材の写真をストーリーに投稿し、ユーザーにどれをトッピングしたいかというアンケートを実施。集計した結果から、人気上位のトッピングで作る"インスタバーガー"を期間限定で販売した。

 またアンケートに回答したユーザーには、自分の好みの具材をトッピングした、その人だけのオリジナルバーガーを1個無料でもらえるクーポンを発行した。すると同社のインスタグラムアカウントのフォロワー数は10%増加、27万件のインタラクションを得た。またクーポンは1日で約3万枚も利用された。 このキャンペーンは、メディアへの広告は一切行わなかったが、大成功を収めることができた。

あなたにオススメのコンテンツ