環境への取り組み

持続可能な社会の実現を目指し、
環境に配慮した事業活動を推進しています。

未来の環境のために、今できることを一つずつ。

フジプラスグループ各社は、企業の社会的責任として、またグループの永続的な発展のために、地球環境の保全活動を重要課題と考え、環境に配慮した事業活動を推進しています。限りある資源を効率よく利用し、ロスや排出物を最小限に抑えることにより、持続可能な社会の実現を目指しています。


FSC® CoC認証取得

環境に優しい持続可能な社会づくりに貢献するために、2021年6月「FSC CoC認証」を取得しました。「FSC(Forest Stewardship Council®:森林管理協議会)認証」とは、持続可能な森林活用・保全を目的とした、適切な森林管理を認証する国際的な制度です。弊社が取得したのは、木材の加工・売買が対象となる「CoC(Chain of Custody:加工・流通過程の管理)認証」です。
今回の取得により、「FSC認証紙」を利用して印刷・加工した製品に「FSCラベル」を付け、お客様に提供することが可能になりました。

認証登録番号 :SA-COC-008658
ライセンス番号:FSC C167483
認証発行日 :2021年6月3日
有効期限 :2026年6月2日

FSC認証マーク

FSCラベルを付けるメリット

①環境保全へ貢献できます。
②消費者や投資家の信頼を得ることに
つながります。
③企業ブランドのイメージ向上が期待できます。


グリーンプリンティング工場認定取得

生産本部 伊丹工場は、2022年3月「グリーンプリンティング工場」として認定されました。
「グリーンプリンティング認定制度」とは、社団法人日本印刷産業連合会が制定した印刷産業界の環境自主基準「印刷サービスグリーン基準」を達成した事業所や工場、および印刷製品を認定・推奨することで、環境に配慮した印刷製品が広く普及することを目的とした制度です。
今回の認定により、同基準に適合した印刷製品には「グリーンプリンティングマーク(GPマーク)」を表示し、お客様に提供することが可能になりました。

認定番号:B10287
印刷部門:オフセット印刷部門
認定日:2022年3月17日
有効期限:2025年3月31日
グリーンプリンティングマーク

ラテックス(Latex)インクの使用

弊社は大判サイズ対応出力機として「HP Latex 315」を導入しました。HP Latexプリンターでは水性の「HP Latexインク」を使用しており、大気汚染の原因のひとつである有害物質VOC(揮発性有機溶剤)の排出量が低く、環境に優しい印刷を実現します。印刷インキ独特の匂いも無く、オペレーターの健康や作業環境にも配慮したサステナブルなプリントです。


オフセット印刷における環境対応インキの使用

弊社工場のオフセット印刷機では、輪転機で「ベジタブルオイル(植物油)インキ」を、枚葉機では「ノンVOCインキ(UVエコインキ)」を使用しています。

ベジタブルオイルインキ

インキ中に含まれる植物油、または植物油を原料としたエステルとの合計が含有基準量以上のインキのことです。植物油は、石油系の溶剤に比べて生分解性があり、VOCの排出がほぼありません。

ベジタブルオイルインキマーク

ノンVOCインキ(UVエコインキ)

石油系の溶剤をほぼ含まないインキのことです。VOCを一切排出しないことから、植物油インキよりもさらに環境に優しいインキです。