Idea4U ブログ

ビジネスに役⽴つマーケティングに関する話題などをお届けします。

2020年10月30日

ビジュアル表現のあれこれ

10月21日(水)に開催したウェビナーでは、課題解決に効く「デザイン」とは?と題して、広い意味でのデザインについて具体的な事例を引用しながらお伝えしましたが、ここでは、その一部であるビジュアル表現について少々お話ししたいと思います。

時々「ビジュアルデザインの公式というものがあるんですか」と質問されることも時々あるのですが、「YESでもありNOでもある」というのが答えです。一般的に意識する項目はいくつかあり、その一部がこちらです。


  • アイキャッチ的なメイン画像の配置スペース
     →目の動きの順序等を考慮して
  • 書体の選び方・文字サイズの設定
     →伝える内容や対象とするペルソナに合わせて
  • 媒体特性に合わせたレイアウト・構成
     →カタログ、ポスター等の紙媒体、PC、スマホ、デジタルサイネージ等
  • トレンド感や季節感を反映した色使い
     →イメージ想起に直結する心理面を考慮
  • MUD[メディアユニバーサルデザイン]に基づく配色
     →配慮が必要な案件について対応

ただし、これをビジュアルデザインの公式と呼ぶかどうか、となると、あくまでも基本的な「目安」の一部としか言えないのが現実です。そこであれこれ考えてみたところ、料理に例えるとしっくりきました。
ちょっと意外ですが、想像してみてください。

「おいしいものが食べたい」というあなたの言葉に対して、「じゃあ、おすすめのお店があるので行きましょう」と言われたとします。実は、やさしい味付けの和食のお惣菜をゆっくり食べたい気分だったのですが、案内されたのが、ステーキやピザの食べ放題のお店だったらいかがでしょう?例え評判の有名店だとしても、そこは「違う!そうじゃない!」となりますよね。

つまり、どういうものを食べたい気分か(=希望のビジュアルデザイン)、おなかのすき具合はどれぐらいか(=詰め込むコンテンツの確認)、といった要望を確かめずに対応すると、的外れな結果につながってしまいます。
一般的な基準の公式には当てはまっていても、あなたの心には響かないわけです。

ビジュアルデザインは、一般論での「正解」は通用しないというより、「正解」は1つではなく、何通りもの「正解」があり得る世界だということです。絶対的公式はありませんが、個別の事情をきちんとヒアリングした上でゆるやかな原則に従って考えるといろんな「正解」にたどり着きます。
ビジュアルデザインのアイデアを練るための準備としても、最初のヒアリングが肝心!というお話でした。


<【デザインの現場から】まずは「5W1H」で情報整理!デザインは、その目的をクリアにし共有することからはじまる!>
https://fujiplus.jp/idea4u/2020/07/1503.html

2020年6月11日

Zoomウェビナー

新型コロナウィルスの影響で、リアルでの対面形式によるセミナー開催が困難になっております。そこで、弊社も昨日6月10日より定期的にオンラインセミナーを開催しはじめましたが、コロナ禍で何かと話題になったZoomの「ウェビナー機能」を使っております。

一般的なテレビ会議等はZoomの「ミーティング機能」で行ないますが、ウェビナー機能は少し仕様が異なります。

  • ウェビナーの予定(設定)は、ブラウザからログインして設定を行なう。
  • ホスト・パネリスト・視聴者に、役割(権限)が分けられている。
  • 視聴者(申込者)のプライバシーが守りやすい。(視聴のみ、氏名等が表示されることはない)
  • 視聴者の登録カスタマイズができる。
  • 開始前などに、自動でメールでのリマインダーが行なえる。
  • チャット機能以外に、投票、挙手、開催後のアンケートページ表示などができる。
  • Youtubeライブ等へのライブストリーム配信ができる。

しかし、運用面で一番注意すべきは、回線状況です。

インターネット接続ですので、回線状況が悪いと音声が途切れたり、最悪接続が切れるということも有り得ます。そうならない為にも、LANケーブル接続による有線でのインターネット接続PCと、モバイル回線接続によるインターネット接続PCの、メインとサブで弊社の初回セミナーは運用してみました。

しばらくは、このオンラインセミナー形式が定着しそうですね。ゆくゆくは共催セミナー等も企画したいと思います。

<Idea4U オンラインセミナー>
https://fujiplus.jp/news/post_20200610.html

2020年4月30日

ソーシャルディスタンス(フィジカルディスタンス)

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、4月7日に「緊急事態宣言」が発令されました。最小限にするため、可能な限り人との物理的な距離を保ち、濃厚接触を避ける行動が求められております。

前提として、自分が感染者かもしれないという考えのもと、相手や周囲を守る気持ちが大事です。そのために、三密(密閉・密集・密接)にならないように外出しない・人と集まらないことが重要ですが、どうしても外出しないといけない場合は人との距離を1~2mくらいとし長く滞在しないようにします。

よくあるシチュエーションとして、

  • スーパーやコンビニでの買い物レジ
  • 公共施設、民間施設の受付窓口
  • 病院の待合室
  • 製造などテレワークができない職場
  • タバコの喫煙所

などがあるかもしれません。そんな場合にできることは、注意喚起のためのポスターを貼ったり、距離の間隔が分かるように停止位置にシールを貼ったりすると効果的です。

<新型コロナウイルスの特別措置法に基づく「緊急事態宣言」を受けて>
https://fujiplus.jp/news/post_20200408.html

<ソーシャルディスタンスシールの販売を開始しました>
https://fujiplus.jp/news/post_20200511.html

2020年4月 3日

Canva(キャンバ)という印刷デザインツール

Canvaは無料でもブラウザ上で使えるデザインツールです。オーストラリアの企業が開発・運営されていますが、日本語でも利用できます。素材や写真貼付、テキスト挿入などを使いこなせば、IllustratorやPhotoshopのようなアプリケーションが無くても高品質なデザインデータを作成することができます。

どれだけ凄いかというと・・・

  • PC(ブラウザ)上だけでなく、スマホアプリでもできる。
  • 制作したデータは、PDFやJPEG等の形式でダウンロードできる。
  • 印刷に必要なトリムマークや塗り足しを含めることもできる。
  • デザインテンプレートがとにかく豊富である。
  • 写真画像にフィルターをかけたり、切り抜いたりすることもできる。
  • 背景やグリッドなどの便利機能も色々とある。

トリムマークと塗り足しをつけてPDFをダウンロードすれば、印刷物を手配できてしまいますね!FacebookやGoogleのアカウントがあれば、ログインも簡単にできます。オシャレな名刺や、格好良いポスターをお作りになるのであれば、とても重宝しそうです。

<Canva:グラフィックデザインを無料で簡単作成>
https://www.canva.com/ja_jp/

2020年3月17日

QRコードの話

今ではすっかりお馴染みのQRコードですが、そもそも「QR」は略語だったことをご存知でしょうか?

[QR = Quick Response]の頭文字をとったもので、デンソーウェーブが1994年に開発した二次元コードです。 特許権はデンソーウェーブが所持しますが、QRコードが普及するよう敢えて特許をオープンにして規格を開示しております。

このQRコード、いわば日本製になるのですが、どのような特徴があるのでしょうか?

  • QRコードはあらゆるデータを扱うことが可能(数字・英字・漢字・カナ・ひらがな・記号など)
  • 汚れや破損に強い「誤り訂正機能」を持っており、最大約30%が訂正可能
  • 360度どの方向からでも読み取りが可能(切り出しシンボル)
  • バーコードの10分の1程度の大きさになる

このような特徴がありつつ大量の情報が持てるというのが最大の強みです。

情報量によりバージョン1~40(21セル×21セル~177セル×177セル)まで設定されているのですが、漢字やかな等では1,817字、英数字なら4,296字、数字のみなら7,089字も格納できます。

なお、QRコードを印刷に使う場合、1辺のサイズが2cm以上を推奨しております。最近のスマートフォンでは、アプリをインストールしなくてもカメラにかざせば反応するようになりつつあります。印刷する場合は、出力カンプ等で事前に反応するかを確認されることをお勧めします。

<フジプラス:QRコード販促システム>
https://fujiplus.jp/services/digitalcontents/qlear.html

2020年1月24日

デザインQRコードで集客力アップ

QRコード(二次元コード)は販売促進だけでなくモバイル決済等でもかなり認知されておりますが、QRコードにデザイン要素を加えた「デザインQR」なるものがあります。好みの色を付けたり、写真やロゴ、イラストの上に透過させて表現したり、一般的なQRコードとは違い目立たせる工夫ができます。

  • ロゴマークと一緒に合成
  • ビル写真の平らなところに配置
  • 立て看板イメージの中に配置
  • 球場やサッカーグランドなどの競技場写真の中に配置
  • 人物写真の手のひらの上に配置

アイデア次第で、誘引力をもっともっと上げることができそうですね。

<フジプラス:QRコード販促システム>
https://fujiplus.jp/services/digitalcontents/qlear.html

2019年4月22日

リアルタイムマーケティング

4月1日、新しい元号「令和」の発表がありました。
マーケティング的には、いくつか想定できる事がありました。

  • 気になる、待ち遠しい発表がある
  • 発表のタイミングが予告されていた
  • おそらく新聞の【号外】で人の集まる場所ができる
  • お祝いムードで、人々の気持ちが高揚しているはず
  • そのタイミングに合った言葉(名前など)が入っていると驚く

大手飲料メーカーは、「令和」と記された限定ボトルを2000本配布。発表のわずか86分後、号外配布の10分後にラベルが到着だったというのですから驚きです。綿密な計画のもと、デジタル印刷という技術でタイムリーに発信できたスピードが、新しい特別感を生み出しています。

また、過去にも多くの人の名前入りボトルを販売したり、1本ずつ全て異なるデザインのボトルを販売したりしておりました。こういったプロモーションは、場のムードを盛り上げ、大切な人たちと乾杯するといった新しいスタイルを提案しています。

<フジプラス:デジタル印刷>
https://fujiplus.jp/services/production/digital-print.html

2019年2月 4日

無限のデザインを生み出すテクノロジー

ソーシャルメディアが浸透した現在では、消費者の購買意欲を高めるために口コミ効果を利用し成功しているプロモーションが多く存在します。成功する一つの要因として、今までにない顧客体験を創出しているということが挙げられます。

  • 無限に色配置をスワップさせる
  • 無限にデザイン配置する角度を変える
  • 無限にデザイン配置の位置や遠近を変える
  • 無限にキャラクターの配置を変える

このような事ができると、技術的にデザインを無限に生み出すことができます。1つとして同じものが存在せず、消費者は選んだり、集めたくなったり、自分だけのものが欲しくなります。

例えば、案内パンフレットの表紙デザインが全て異なっていたり、手に取るパッケージや封書のデザインが全て異なっていると、これまで以上に視覚的な効果が期待できます。

フジプラスでは、上記のような無限のデザインを生み出すテクノロジーを駆使して、販促施策のお手伝いができます。これらは、デジタル印刷を活用することで、実際のものづくりが可能となります。

2017年8月18日

Flash終了と対応策

Adobe社が2020年末に「Flash」サポート終了を発表しました。Flashと言えば、これまで「動き」のあるウェブサイトには多く使われてきた技術です。ウェブサイトの閲覧に使うブラウザには、Flashコンテンツを再生させるための「Flash Player」がインストールされていました。その配布やアップデートが、2020年末をもって終了となります。

Flashが終了することで、以下のような影響が考えられます。
(注:Flashが使われている傾向が強いものを列挙しており、全てが該当するとは限りません)

  • ウェブサイトのTOPページ等で「動き」のある表示が動かない、または表示されなくなる。
  • 音声の再生に使っている場合は「音」が聞こえなくなる。
  • パラパラとめくるウェブカタログ(ebook)が、動作しなくなる。
  • ブラウザでできるフォトブック編集や印刷物編集の画面が、動作しなくなる。
  • グラフ表示やWebフォーム、広告表示などに使われていると、動作しなくなる。
  • ブラウザゲームにはFlashを使っているものが多く、動作しなくなる。

現在では、セキュリティ上の脆弱性が指摘されており、閲覧することでDoS攻撃や任意のコード(命令)を実行される危険があるとされております。Google社から提供されているブラウザ「Google Chrome」は、2016年秋より、Flashコンテンツが自動再生しないように初期状態で無効にしております(設定変更すれば有効になります)。

そのため、今後は新しいフレームワークの移行が進められております。既に「HTML5」が主流になりつつあり、従来のHTMLでは実現できなかった事ができるようになっております。

  • videoタグにより、動画(.mp4など)を埋め込んで再生できる。
  • audioタグにより、音声(.mp3など)を埋め込んで再生できる。
  • canvasタグにより、図形(グラフィック)を描くことができる。
  • geolocationをJavaScriptで用いることで、位置情報を取得できる。
  • LocalStorageをJavaScriptで用いることで、大量データをクライアント側に保持できる。

などなど、一部紹介ではありますが上記のような事ができます。確かにFlashに代わる技術でもあり、スマートフォン用のアプリやコンテンツにも対応できているようです。

なお、フジプラスではHTML5対応の【Web発注ワークフロー】や【ebook】サービスなどがあります。

<フジプラス:Web発注ワークフロー>
https://fujiplus.jp/services/workflow/w2p.html
<フジプラス:HTML5対応!ebook>
https://fujiplus.jp/services/digitalcontents/ebook.html

2017年7月31日

DMコストを削減する方法

弊社に「DMコストを削減したいけど、どうしたらいい?」というお問い合わせをいただくことがあります。ただ、次のような事で会話が止まってしまうケースがよくあります。

  • 内容は変えずに、DMコストを下げたい
  • 形は変えずに、DMコストを下げたい
  • 通数は変えずに、DMコストを下げたい
  • 配送方法は変えずに、DMコストを下げたい
  • 頻度は変えずに、DMコストを下げたい

何も変えずにDMコストを削減するのは、もはや至難の業かもしれません。 DMのコスト削減が目的ではなく、本当は【DM効果の最適化】が求められているのではないでしょうか?

そもそも、DMの目的を見直す必要があるかもしれません。

1.企業と個人(あるいは企業)とが、直接的なつながりを大事にできる手段であること
2.つながりが、継続的なものであること
3.顧客ごとのニーズに合った情報であること
4.顧客と双方向で、対話ができること
5.顧客ごとの状況が把握でき、投資効果が明確であること

その上で、DMのコスト削減&最適化には、以下の方法があると思います。

  • 紙DMだけでなく、Eメールも使い分けて、情報をお届けする。
  • 紙DMの用途を「キャッチ」とした場合、形を変え、内容物を訴求のみに絞り、Web誘導にて詳細を確認していただく。
  • Webには資料ダウンロードや動画、フォームなどを用意して、顧客の反応が把握できるようにする。
  • 顧客の反応や行動により、スコアリングやランク分けができるようにする。
  • 全く反応の無い顧客は、リスト上で停止や削除等ができるようにする。

これらを継続的に実現するためには、顧客リストがデータベースに一元管理されており、顧客の反応や行動履歴も一緒になっていることが必要になってきます。

フジプラスでは、DMのコスト削減&最適化の具体的な提案や、顧客リストを一元化するためのアドバイスなどもお受けしております。

<フジプラス:ダイレクトマーケティング>
https://fujiplus.jp/services/marketing/direct-marketing.html