ダイレクトメールの発信プラットフォーム DMstation

ISO27001

ご注文はこちら

お見積りはこちら

サンプル請求はこちら

お問い合わせはこちら

06-6360-6350

受付時間:平日9:00~18:00(土・日・祝除く)

Canva - データ入稿についてのご注意

DMステーションでは、
デザインツール「Canva-キャンバ-」で作成した
デザインをご入稿いただけます。

無料で使えて、誰でも簡単にデザイン作成ができる
Webアプリ「Canva」。
高価な専用ソフトがなくても、手軽に印刷用のデータが作れるので、大変多くの方が利用されています。
「DMステーション」でも、Canvaで作ったデザインデータで入稿できないか?とのお声をいただいており、
Canvaで作成・ご入稿いただく際のご注意点についてまとめてみました。
Canvaご活用の際にはぜひご一読ください。

Canvaで作成したデータをご入稿いただく際には、以下のことにご注意ください。

1.サイズ

デザイン作成する際は、「カスタムサイズ」で作成してください。

Canvaの画面右上にある「デザイン作成」をクリックし、「カスタムサイズ」を選択します。

DMステーションの商品サイズに合わせて、サイズを入力してください。
・ハガキタイプ=100×148mm
・ロングハガキタイプ=120×235mm
・A4ハガキタイプ=210×297mm
・ビッグDMタイプ=250×340mm

ご注意!

ハガキタイプのデザイン可能範囲

ロングハガキタイプのデザイン可能範囲

A4ハガキタイプのデザイン可能範囲

ビッグDMタイプのデザイン可能範囲

2.フォント

「埋め込み可能な日本語フォント」を使用してください。

Canvaは、非常に多くの日本語フォントが使えるようになっています。
しかし一部のフォントは、PDFに保存したときに、埋め込みができないものがあります。
埋め込みができないフォントを使用すると、意図しないフォントに置き換わってしまったり、
文字化けが発生するなどの印刷エラーが発生する原因となります。
そのため、DMステーションに依頼する際には、下記の「埋め込み可能な日本語フォント」を使用するようにお願いいたします。

Canvaで埋め込み可能な日本語フォント一覧(2021.3.15現在)

3.塗り足し

仕上がりを「フチなし」にしたい場合は「印刷の塗り足しを表示する」機能を使って作成してください。

塗り足しとは?

DM印刷では、仕上がりサイズの用紙に印刷しているのではなく、大きな紙に印刷した後で『断裁』という作業を行って、仕上がりサイズに切揃えています。そのため、仕上がり位置まで色が必要なデザインの場合、断裁時の微妙なズレやデータの微妙なズレによって白い隙間ができてしまうことがあります。これを事前に防ぐために、以下のように「塗り足し」を作る必要があります。

Canvaでは、印刷用に塗り足しを付けるための機能が用意されています。

ファイル→印刷の塗り足しを表示するをチェック(図参照)

表示された塗り足し範囲まで、絵柄を伸ばしておくことで「塗り足し」を付けておくことができます。

4.データの保存

保存する時は、「PDF(印刷)」形式を選択してください。

Canvaの画面右上にある「ダウンロード」をクリックし、ファイルの種類で「PDF(印刷)」を選択します。
また、「トリムマークと塗り足し」にチェックを入れて、「ダウンロード」をクリックしてください。

ご注意!

5.データの送信

DMステーションでのご注文は、作成したい商品ページの「印刷・発送料金」から、「注文を進める」をクリックして、注文フォームにお進みください

作成したデザインデータの送信は、DMステーションのご注文フォームから行うことができます。

「デザインデータのアップロード」画面で、作成したPDFデータをアップロードしてください。
その際、デザインデータ形式の選択肢は、「PDFデータ(.PDF) ※オプション +1,000円」にチェックを入れてください。

Contactお問い合わせ

ご注文・お問い合わせ等はこちらからどうぞ。

ご注文はこちら

お見積りはこちら

サンプル請求はこちら

お問い合わせはこちら

PAGE TOP